週末の株価指数CFD http://www.christian-discipleship.com Sun, 07 Aug 2016 15:24:48 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=4.2.2 NYダウ証拠金取引の魅力について。 http://www.christian-discipleship.com/2016/08/08/text-20160808/ http://www.christian-discipleship.com/2016/08/08/text-20160808/#comments Sun, 07 Aug 2016 06:00:00 +0000 http://ec2-52-27-75-216.us-west-2.compute.amazonaws.com/christian-discipleshipcom/?p=19 このほど、株価指数証拠金取引である「くりっく株365」に、NYダウ証拠金取引が上場しました!
すでに活気を見せている取引ですが、投資初心者にとっても始めやすい投資として注目を集めています。
株価指数に投資をしていくというスタイルなので、チャートの動きを細かく分析する必要がないことや、少ない資金から取引ができるということが魅力です。

魅力として挙げたい項目は、主に2つあります。

●NYダウを円取引することができる

通常、NYダウを取引する場合はNYダウと為替レートをかけたものが取引金額になります。
そのため、NYダウだけでなく為替レートが上下するとそれだけパフォーマンスにも影響があることがおわかりいただけるでしょう。

一方、くりっく株365の場合はNYダウに100円をかけたものが取引金額です。
つまり、NYダウの上下だけが変動要因となるので、投資スタイルがとてもシンプルになります。

為替レートの変動という為替リスクがある場合は、過去の例で行くととある時期ではおよそ86000円の損失が発生しました。
同じ時期の場合のくりっく株365の場合はおよそ140000円の利益となり、為替リスクの有無によって損益が変わるということもポイントです。

●配当がある

くりっく株365の場合、買いポジションを保有していると、現物株と同じように配当相当額を受け取ることができます。
これは預け入れている証拠金ベースではなく、取引金額ベースをもとに算出されますので、配当相当額にもレバレッジが効くことがメリットです。
2015年における年間配当はおよそ43000円と決して少ない金額ではありません。
毎月自動的に繰り越されますので、買いポジションを持っておくだけという便利さもうれしいですね。

他にもまだまだ魅力がたくさんありますので、ぜひ一度内容を詳しく確認してみてください。
資金10万円以下からでも気軽に始められるので、とてもおすすめですよ。

]]>
http://www.christian-discipleship.com/2016/08/08/text-20160808/feed/ 0
あのM2Jでくりっく株365?! http://www.christian-discipleship.com/2016/08/05/text-20160805/ http://www.christian-discipleship.com/2016/08/05/text-20160805/#comments Thu, 04 Aug 2016 06:00:00 +0000 http://ec2-52-27-75-216.us-west-2.compute.amazonaws.com/christian-discipleshipcom/?p=11 投資にご興味のある方なら、「M2J」という文字列をご覧になったことがあるのではないでしょうか。投資は、FXやFCFなど、アルファベットを使った暗号のような用語がたくさんありますから、M2Jもそういった類の用語の一つだと思っている方がいらっしゃるかもしれません。ですが、M2Jは「マネースクウェアジャパン」という取引会社です。

M2JならFXの「トラリピ」が有名かもしれません。あらかじめ決めておいた値動きの幅で自動的に売買を繰り返してくれるシステムで、ですが、M2Jで取引できるのはFXだけではありませんよ。同じように優れたシステムを使って、くりっく株365で株価指数取引をすることが可能です。

くりっく株365というのは”日本で初めての公的な取引所による株価指数証拠金取引”です。くりっく株365なら、取引するのは日経225やNYダウ平均株価などの株価指数ですが、株を保有しているときの配当金相当の額を受け取ることができますし、金利相当分を受け取ることもできます。また、取引時間が長いというメリットもあります。海外の市場もカバーしているので、ほぼ24時間取引が可能なのですね。チャンスを逃さず取引できそうです。そして、これは根本的なことですが、株価指数取引というのは良い資産運用方法です。といいますのも、株価指数というのはその市場全体の値動きを反映した数値であるため、株の個別銘柄ひとつひとつの情報を収集して取引するのと比べると簡単に取り組めるからです。

さて、このようなくりっく株365での株価指数取引を、M2Jでするなら、さらにどんなメリットがあるのでしょうか。独自のシステムを用いて取引を繰り返すことができますし、決済期限もありませんから、預けっぱなしでコツコツと自動的に利益を積み重ねていくことが可能なのが、M2Jだと思います。M2J株価指数CFDの詳細はこちらのリンク先でご確認いただけますよ。ぜひチェックしてみてくださいね。

]]>
http://www.christian-discipleship.com/2016/08/05/text-20160805/feed/ 0
日経225取引のメリットとは http://www.christian-discipleship.com/2016/07/30/text-20160730/ http://www.christian-discipleship.com/2016/07/30/text-20160730/#comments Fri, 29 Jul 2016 06:00:00 +0000 http://ec2-52-27-75-216.us-west-2.compute.amazonaws.com/christian-discipleshipcom/?p=9 日経225取引のメリットとはなんでしょうか。ここでは、日経225についてご紹介するところから始め、その取引のメリットや注意点についてまとめましょう。

日経225とは、日本経済新聞社が、東証一部に上場されている株式銘柄のうち、225種類をピックアップしてその株価を平均化したものです。正式には日経平均株価指数といいますが、225種類なので「日経225」と呼ばれることが多いです。この日経平均株価指数の対象となっている銘柄にはどのようなものがあるのかというと、ニッスイ、マルハニチロ、アサヒ、キリン、サッポロ、日本ハム、資生堂、旭化成……などなど、日本人なら誰でも知っているような大きな会社ばかりです。もっと知りたいと思う方は、ぜひ日経225の対象銘柄を検索してみてください。

さて、日経225はこのように日本を代表する銘柄の株価から算出されている数値ですから、日本の景気を反映していると言っても過言ではありません。そして、平均値の上がり下がりですから、個別銘柄を取引するよりも、予測がしやすいというメリットがあります。

それから、分散投資という意味でも日経225取引はおすすめです。平均値に投資するわけですから、個別銘柄に投資するのと違って倒産リスクがありません。225社全部がある日突然倒産してしまうということはまずありませんから、保有している指数の価値が水の泡になることはないでしょう。(株式投資の場合は、保有していた株式の会社が倒産したら、それはもうただの紙切れになってしまいますからね……。)

日経225取引をするなら、レバレッジをかけられるということも知っておくと良いでしょう。レバレッジとは倍数です。すなわち、レバレッジをかけて取引しておけば、実際に得た利益にその倍率をかけてお金がもらえる可能性があるということです。もちろん、その倍率は損失にも同じだけ適用されますから注意は必要ですが、お金を早く殖やしたい方はぜひ検討してみてください。

]]>
http://www.christian-discipleship.com/2016/07/30/text-20160730/feed/ 0
初心者におすすめの投資方法とは? http://www.christian-discipleship.com/2016/07/28/text-20160728/ http://www.christian-discipleship.com/2016/07/28/text-20160728/#comments Wed, 27 Jul 2016 06:00:00 +0000 http://ec2-52-27-75-216.us-west-2.compute.amazonaws.com/christian-discipleshipcom/?p=7 投資をしたい方は増えています。先行き不透明な中、少しでもお金を殖やしたいですものね。でも、投資でお金を殖やすというのは、そう簡単なことではありません。プロの投資家の方や、成功している方というのは、その方その方のやり方というのを取得しているものです。基本的なところはマスターした上で、培ってきた勘や経験をもとに、売買のタイミングを判断できるようになるのでしょう。

では、これから投資を始めたいという方はどうすれば良いでしょうか。「まずは投資に関する勉強から……」、ということで、本業の傍ら書籍を片手に漠然とした知識を詰め込むばかりで日々を費やしてしまいますか?それとも、ぶっつけ本番で貴重な資金をつぎ込んでみますか?どっちも嫌ですよね。そこでおすすめしたいのが、初心者向けの取引方法です。

投資の方法というのは、実はいろいろあるのです。株式売買、不動産投資、FX、株価指数取引などがありますが、初心者の方におすすめなのは株価指数取引です。株価指数取引というのは、日経平均株価やNYダウ平均株価など、ある市場に上場されている一定数の株式銘柄の価格を、平均やその他の計算方法により数値化したものです。その市場を代表するような銘柄が計算の対象となっているので、これらの株価指数はその市場全体の値動きを表します。よって、上がるか下がるかの予想がしやすいです。

さらに、株価指数取引は、少ない資金からでもスタートできる取引だという点も人気の理由です。なぜ少ない資金でも取引ができるのかというと、株式銘柄を買ったりするのと違って、最初にまとまった金額が必要ないからです。株価指数取引は差金決済契約という種類の取引で、指数を買うことにしたらそれは必ず売らないといけませんし、逆に売る契約をしたものは買いもどす必要があります。そして、それらの取引が終わったタイミングで発生した差額のみを、利益が出た場合には受け取り、損失が出た場合には支払います。ぜひ試してみてください。

]]>
http://www.christian-discipleship.com/2016/07/28/text-20160728/feed/ 0
CFDは多くの銘柄に対応可能です http://www.christian-discipleship.com/2016/07/25/text-20160725/ http://www.christian-discipleship.com/2016/07/25/text-20160725/#comments Sun, 24 Jul 2016 06:00:00 +0000 http://ec2-52-27-75-216.us-west-2.compute.amazonaws.com/christian-discipleshipcom/?p=5 株式投資やFXなど、様々な投資が注目されてきています。
今の日本では、銀行に定期預金を利用して高額の現金を預けたとしても、金利分得をすることは期待できません。
そのため、貯蓄した金額以上のものを期待することができないため、その現金を投資に回して利益を得ようとする。
このような方が増えてきています。

投資といっても、株式投資・FX以外にも原油や金・証券など様々なものを対象として取引ができます。
しかし、投資を始めるには最初に数百万円から数千万円の資金がなくては、大きな利益を得ることが難しくなります。

資金が少ないと投資が不向きである。
これが投資の特徴と言われていました。よって数年前までは、投資はお金持ちがするものと思われていました。
しかし最近では「CFD」という取引を適用することで、少額の資金でも気軽に投資が始められるようになりました。

CFDとは「差金決済取引」のことです。
差金決済とは、例えば株式投資の場合。
個別株を買って株価が上がったら売る。
これによって利益を得ることを目的としています。
10000円の株を100株買ったら100万円を支払い、10100円になった時に100株売れば101万円手に入れることができる。
これが通常の投資です。
CFDを利用して取引すると、買う時に必要な100万円も売るときに入ってくる101万円も関係ありません。
売買したときの差額「1万円」のみが口座間を行き来する。
これが差金決済取引の特徴です。

要するに差額のみを取引するというわけですね。
また、レバレッジがきく取引ですので、レバレッジ10倍であれば100万円の資金で1000万円の取引ができます。
少ない資金でも気軽に投資ができる。
これがCFDのメリットです。

そしてCFDは多くの銘柄に対応しています。
日本国内の個別株・株価指数だけでなく、海外の個別株や株価指数。
他にも債権や原油や金などの商品など、投資の幅が広がるのも特徴的です。
ちなみにFXは元々証拠金取引であり、CFDを適用した取引と言えます。

初心者の方・資本金が少ない方は、CFDを上手に使って投資をしてみるといいでしょう。
CFDが対応できるものについては、投資初心者のための入門サイトなどを参考にするとわかりやすいでしょう。

]]>
http://www.christian-discipleship.com/2016/07/25/text-20160725/feed/ 0