日経225取引のメリットとは

Category: 株価指数CFD

日経225取引のメリットとはなんでしょうか。ここでは、日経225についてご紹介するところから始め、その取引のメリットや注意点についてまとめましょう。

日経225とは、日本経済新聞社が、東証一部に上場されている株式銘柄のうち、225種類をピックアップしてその株価を平均化したものです。正式には日経平均株価指数といいますが、225種類なので「日経225」と呼ばれることが多いです。この日経平均株価指数の対象となっている銘柄にはどのようなものがあるのかというと、ニッスイ、マルハニチロ、アサヒ、キリン、サッポロ、日本ハム、資生堂、旭化成……などなど、日本人なら誰でも知っているような大きな会社ばかりです。もっと知りたいと思う方は、ぜひ日経225の対象銘柄を検索してみてください。

さて、日経225はこのように日本を代表する銘柄の株価から算出されている数値ですから、日本の景気を反映していると言っても過言ではありません。そして、平均値の上がり下がりですから、個別銘柄を取引するよりも、予測がしやすいというメリットがあります。

それから、分散投資という意味でも日経225取引はおすすめです。平均値に投資するわけですから、個別銘柄に投資するのと違って倒産リスクがありません。225社全部がある日突然倒産してしまうということはまずありませんから、保有している指数の価値が水の泡になることはないでしょう。(株式投資の場合は、保有していた株式の会社が倒産したら、それはもうただの紙切れになってしまいますからね……。)

日経225取引をするなら、レバレッジをかけられるということも知っておくと良いでしょう。レバレッジとは倍数です。すなわち、レバレッジをかけて取引しておけば、実際に得た利益にその倍率をかけてお金がもらえる可能性があるということです。もちろん、その倍率は損失にも同じだけ適用されますから注意は必要ですが、お金を早く殖やしたい方はぜひ検討してみてください。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.