CFDは多くの銘柄に対応可能です

Category: 株価指数CFD

株式投資やFXなど、様々な投資が注目されてきています。
今の日本では、銀行に定期預金を利用して高額の現金を預けたとしても、金利分得をすることは期待できません。
そのため、貯蓄した金額以上のものを期待することができないため、その現金を投資に回して利益を得ようとする。
このような方が増えてきています。

投資といっても、株式投資・FX以外にも原油や金・証券など様々なものを対象として取引ができます。
しかし、投資を始めるには最初に数百万円から数千万円の資金がなくては、大きな利益を得ることが難しくなります。

資金が少ないと投資が不向きである。
これが投資の特徴と言われていました。よって数年前までは、投資はお金持ちがするものと思われていました。
しかし最近では「CFD」という取引を適用することで、少額の資金でも気軽に投資が始められるようになりました。

CFDとは「差金決済取引」のことです。
差金決済とは、例えば株式投資の場合。
個別株を買って株価が上がったら売る。
これによって利益を得ることを目的としています。
10000円の株を100株買ったら100万円を支払い、10100円になった時に100株売れば101万円手に入れることができる。
これが通常の投資です。
CFDを利用して取引すると、買う時に必要な100万円も売るときに入ってくる101万円も関係ありません。
売買したときの差額「1万円」のみが口座間を行き来する。
これが差金決済取引の特徴です。

要するに差額のみを取引するというわけですね。
また、レバレッジがきく取引ですので、レバレッジ10倍であれば100万円の資金で1000万円の取引ができます。
少ない資金でも気軽に投資ができる。
これがCFDのメリットです。

そしてCFDは多くの銘柄に対応しています。
日本国内の個別株・株価指数だけでなく、海外の個別株や株価指数。
他にも債権や原油や金などの商品など、投資の幅が広がるのも特徴的です。
ちなみにFXは元々証拠金取引であり、CFDを適用した取引と言えます。

初心者の方・資本金が少ない方は、CFDを上手に使って投資をしてみるといいでしょう。
CFDが対応できるものについては、投資初心者のための入門サイトなどを参考にするとわかりやすいでしょう。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.